確定申告での納税額を大きく圧縮【マンション経営で収入】

不動産

運用はプロに任せよう

マンション

高い人気を誇っています

東京の投資マンションで不動産投資をしたいけれども、高くて購入することができないような状況であれば、投資マンションの代わりに上場不動産投資信託を保有しましょう。現在、上場不動産投資信託を保有する個人投資家が増えてきており、これからも不動産市況の好調ぶりと共に高い人気を維持すると期待されています。上場不動産投資信託にもさまざまな種類があります。物件種類別で見れば、マンションやオフィスビル、ホテル、商業施設、物流施設等があり、またエリアでは東京に集中投資をしているものもあれば、地方都市に分散投資をしているものもあります。1つの物件種類に特化している銘柄もあれば、1銘柄でいろいろな物件種類に投資をしている総合型もあります。

規模が違います

東京に投資をしている銘柄を購入すれば、東京の投資マンションを保有して運用していることと同じ成果を得ることができます。しかも、上場不動産投資信託の場合、どの銘柄も資産規模が大きいので、資金調達や修繕面で、スケールメリットを活かすことができています。その分、個人で投資マンションを購入して不動産投資をするよりも、上場不動産投資信託の方が効率的に運用することができ、しかも、1棟ごと保有しているケースが多いので、物件のメンテナンスもしっかりとしています。また、大手ハウスメーカーや大手ディベロッパー等がスポンサーとなっている銘柄もあり、優良な物件情報を優先的にもらえていることも、上場不動産投資信託の大きな魅力です。