マンション経営で収入【経営で収入が増える!】

不動産

資産を家族に残せる

マンション

ワンルーム経営も出来る

アパートよりも高額な初期資金が必要とのイメージも強いマンション経営ですが、現実劇にはもっと低資金からの運用が主流となっています。マンション経営の1つのテクニックとして、低資金から始める運用法も知っておくと役立ちます。マンション経営では建物を一棟まるごと購入して運用を始めることも可能ですが、もっと少額の資金から始めることも可能です。それがワンルーム経営と呼ばれるテクニックで、文字通りマンション一部屋を購入してからの賃貸経営となります。ワンルーム経営の良い点は初期資金が少なくて済むのに加えて、管理の手間がほとんど掛からない点もメリットです。また経営上の失敗のリスクが少ないので、初めて不動産投資を行う人にも最適です。

節税効果が注目されている

家賃収入をマンション経営によって得ることができますが、この収入は不動産取得であり税金が掛かります。しかしマンション経営では必要経費を計上することで節税効果を大きく得ることができ、人気となっています。節税対策のためには、経費として借入金利息や減価償却費、管理費などを計上することです。必要経費を計上することで、確定申告での納税額を大きく圧縮できます。また生命保険としても活用できるため、マンション経営は自分に万が一のことがあったときの家族のための備えとしても人気があります。住宅ローンでマンションンを購入すれば、団体信用生命保険が付与され、万が一の時にはローンの返済はこの保険から支払われるため、家族に資産を残せることからマンション経営が注目を集めています。

投資する物を選ぶ

不動産会社

不動産投資コンサルでは、色々なアドバイスを行なうことができます。そのため、不動産投資で迷っている人の手助けとなってくれるでしょう。ですから、失敗した投資を行わないためには学ぶことが大切になってきます

運用はプロに任せよう

マンション

投資マンションを購入するだけの資金がないのであれば、株式市場で売買されている上場不動産投資信託に投資をしてみましょう。上場不動産投資信託の中には、東京のマンションもしくはオフィスビル等に集中投資をしている銘柄もあります。

チェック項目を知ろう

落ち込む女性

マンション投資で失敗する人の中には安さを求めて郊外物件を買い漁る人がいます。しかし、郊外の物件は一旦空室になると、なかなか埋まりません。価格が高くても、人が集まりやすい都市部のマンションを購入するようにしましょう。